上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、蕎麦打ち体験を終えてオリエンテーリング出発し
無事、やまゆりに戻ってきた一行はやまめのつかみ取りの方法を
やまめ平のご主人から指導を受け、いよいよやまめの調理に挑戦します。
やまめはまだ生存してますから必死に暴れます。
頭の部分に近いところを片手で押さえ、肛門部分へナイフを入れます。
そしてのど元迄一気にさばいていきます。
開き終わったら内臓を取り出し、しっかり水洗いをします。
そして自分で竹串に刺してやまめ平のご主人の所に持って行き焼いてもらいます。
他の命を絶って、自分の命の糧にする。
人類が生まれてからずっと繰り返してきた行為です。
指導員の先生も”決して食べ物を粗末にしてはいけません。”と子供達に教えます。
みんな頑張って一所懸命に残さず食べました。
DSCF1322.jpg
DSCF1326.jpg
子供達は伊久美の移動学習を通して命の食べ方を学んだ事でしょう。

明日からは連休です。
梅雨が明けてたくさんの人がお出で頂けると良いのですが。
伊久美に通じる道は大丈夫です。
週末お待ちしております。



Secret

TrackBackURL
→http://ikumiyamayuri.blog54.fc2.com/tb.php/196-aab6c2ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。